• パスワード再発行

    • 初めてのお客様へ
    • スペシャルティーコーヒー
    • カップオブエクセレンス
    • 世界のコーヒー産地
    • コーヒーの入れ方講座
    • 美味しいコーヒーの条件
    • コーヒーの豆知識
    • コーヒー器具の豆知識
    • 大阪でいちばん人を大切にする会社2015認定

    NEW
    ブラジル 品評会入賞豆 3種飲み比べセット

    セット内容:
    国際品評会「カップオブエクセレンス」入賞コーヒー:100g×2種 国内審査通過豆「ナショナルウィナー」入賞コーヒー:100g×1種
    で合計300g・約30杯分です。
    単品でお買上いただくと¥2,702分のコーヒーをお届けします。

    1998年に開始されたコーヒーの審査会「カップ・オブ・エクセレンス」。 国連と国際コーヒー機構の協力もと進めた特別な国際プロジェクトが始まりです。

    審査会に出品された豆は非常に厳格なブラインドテストによって審査が行われます。そこで86点以上を獲得したコーヒーが「カップ・オブ・エクセレンス」の称号を得ます。

    一方「ナショナルウィナー」は、この審査会期間に国際審査員によって84点から85.99点までのポイントを獲得し、国内審査を見事勝ち進んだものの、僅かなポイントに手が届かなかったコーヒーです。



    【セット内容1】
    トロピカルフルーツを思わせる風味特性
    【2018 カップ・オブ・エクセレンス7位受賞】
    ブラジル フォルタレッサ農園【100g】

    4世代続くコーヒー農園

    農園は、標高1090〜1280 mmに位置し、平均降水量はコーヒー栽培に適した1250〜1400 mmです。農園主は近隣の生産者と共に品質について学んできました。近年、彼の農園には、バランスが良く、滑らかな高品質のコーヒーを探し求めるバイヤーが世界中から訪れるようになりまりました。

    高品質コーヒー栽培への取り組み

    2017年に咲いたコーヒーの花はとても甘い香りで、農園主はそのコーヒーの出来栄えに可能性を感じました。花の咲いた後はゆっくりと完熟していくコーヒーチェリーの成長を注意深く見守りました。収穫のタイミングは完熟のピークで実施するために収穫期を見極めました。そして2018年8月から収穫を開始しました。

    「ナチュラルプロセス」による精選

    収穫後のコーヒーチェリーをそのまま乾燥させる「ナチュラルプロセス」で仕上げました。彼らは、コーヒーの乾燥は高温な場所で急激に水分を除去することは避け、ゆっくりと自然に行っています。2018年は新しい取り組みを実施しました。それを実施したことで、高い品質を達成することができました。

    こちらの「ブラジル フォルタレッサ農園」は【300g】【500g】での販売も行っております。
    ページはこちらをご覧ください。↓

    ブラジル フォルタレッサ農園【300g】

    ブラジル フォルタレッサ農園【500g】


          
         
     


    Taste parameter

    ブラジル フォルタレッサ農園【100g】 
                                      
    農園名フォルタレッサ農園
    農園主Augusto Borges Ferreira
    農園面積10ha
    地域・市Mantiqueira de Minas
    標高1100m
    品種レッドカトゥアイ種
    順位7位
    スコア90.18
    精製方法ナチュラルプロセス
                  
    フレーバーパイナップル、紅茶、ブルーベリー、ベルガモット、レッドアップル、クランベリー、パッションフルーツ、マンゴー、ドライフルーツ、フローラル、ライムジュースのような香り
    アシディティジューシーでブラックベリーのような甘みを伴った酸の質、クリーミーで明るい酸が特長です
    その他ブラウンシュガーのような香ばしい甘みの印象

    【セット内容2】
    メロンやレモンのような風味特性
    【2018 カップ・オブ・エクセレンス23位受賞】
    ブラジル カパオジーニョ農園【100g】

    農園の歴史


    農園はチャパダディアマンティーナ地域のピアタン街に位置し、コーヒーは1321 mの標高で植えられています。地域はコーヒーの栽培に適した特徴的な気候です。農園主は農業工学の学士号を取得した後、優れた品質のロットの生産に力を注いできました。農場では35年以上にわたってコーヒーを生産してきましたが、ここ10年間、農園主は高品質コーヒーの生産に特に注力してきました。

    コーヒー加工システム


    収穫は手作業で行われます。熟したコーヒーチェリーだけが収穫されます。摘みたてのコーヒーは洗濯場に運ばれ、欠陥のある豆は分離します。乾燥は均一な乾燥を進め、発酵を防ぐために、コーヒーが30〜50分ごとに撹拌できる屋根付きパティオで行われます。この乾燥工程は、コーヒーが12%の水分に達するまで8日~10日間かけます。最後に識別され、換気の良い保管場所で輸出されるまで保管されます。

    品質への懸念


    収穫後のコーヒーチェリーをそのまま乾燥させる「ナチュラルプロセス」で仕上げました。彼らはより良い乾燥工程を行い、品質を保証するために屋根付きパティオの建設への投資を実施しました。収穫したコーヒーチェリーを乾燥させるアフリカンベッド(棚式の乾燥場)は2019年以降の収穫のために設備投資の計画・準備が進められています。

    こちらの「ブラジル カパオジーニョ農園」は【300g】【500g】での販売も行っております。
    ページはこちらをご覧ください。↓

    ブラジル カパオジーニョ農園【300g】

    ブラジル カパオジーニョ農園【500g】

          
                 
           
           


    Taste parameter

                                                                                            
    農園名カパオジーニョ農園
    農園主Glayco Barbosa
    農園面積5ha
    地域・市Chapada Diamantina
    標高1321m
    品種Catuai 144
    順位23位
    スコア88.09
    精製方法ナチュラルプロセス
         
    フレーバーメロン、レモン、パイナップルなどの果物、ブラウンシュガーやベルガモット、プラムような香り
    その他白いブドウや柑橘フルーツのような明るい酸が特長です

    【セット内容3】
    キャラメルやチョコレートを思わせる香り
    ブラジル 品評会国内審査通過豆33位
    リモエイヨ農園【100g】

     

    年に一度行われるコーヒーの品評会に出品され、国内審査を通過した実力のある農園のコーヒーを取り寄せることができました。

    農園の歴史


    農園主はブラジルで、両親や祖父母からコーヒーを学び、栽培を続けています。近年、新しく「レッドカツアイ種」と「イエローカツアイ種」の品種のコーヒーを植えました。その結果、品質と収量の両方を向上させました。農園主は献身的にコーヒー栽培を家族と力を合わせておこなっています。今年はさらに3000本以上のコーヒーの苗を植えました。

    パルプドナチュラルプロセス


    品質向上のためにコーヒーの精選の品質を上げました。まず、収獲時により選別を心掛けています。コーヒーチェリーを収穫後すぐ果皮を剥き、セメントのパティオで乾燥させます。11.5%の水分値まで乾燥し、コーヒーを湿気から守るための箱に入れ、倉庫で寝かせています。この保管作業はコーヒーの品質に均一性を生むために行っています。

    品質への懸念


    また、最後の工程まで、豆の発酵について気をかけています。乾燥中は、発酵しないように一日に数回コーヒーをかき混ぜます。これは多くの生産者が気に掛けるところです。もちろん未成熟のコーヒーの除去や、保管する倉庫の湿度にも気を配る必要があります。これらは輸出した後の保管中に味の品質を大幅に低下させる可能性があるためです。

    こちらの「ブラジル リモエイヨ農園」は【300g】【500g】での販売も行っております。
    ページはこちらをご覧ください。↓

    ブラジル リモエイヨ農園【300g】

    ブラジル リモエイヨ農園【500g】






                 


    Taste parameter

    リモエイヨ農園
                                                                                                       
    農園名リモエイヨ農園
    農園主Heládio Pedro Brito
    農園面積---
    地域・市バイア州 チャパダディアマンティーナ
    標高1250m
    品種レッドカツアイ・イエローカツアイ種
    順位33位
    スコア85.75
    精製方法パルプドナチュラルプロセス
                 
    フレーバーキャラメルやチョコレートのような香り
    その他甘みをともなった爽やかさが特長で、なめらかな口あたりで後口の印象が長く続きます。
          

    カスタマーボイス

    2019/08/01
    スタッフからのコメント

    世界第1位の生産国であるブラジル。国際品評会が初めて行われたのもブラジルです。数十万戸の農園があるこの国で、僅かな農園が称号を得ることができた品評会のコーヒーを取寄せました。3種類のコーヒーはそれぞれが特長をもった風味特性を持ちます。是非ゆったりと飲み比べてください。

    ハイロースト

    田代珈琲ロースター:こちらの豆はハイローストで焙煎しております。

    焙煎方法について詳しくはこちら

    • NEW
    • SALE
    • おすすめ

    ブラジル品評会入賞豆3種飲み比べセット 【300g】

    商品番号:
    3500510000-0-0
    価格
    2,500 (税込: 2,700 円)
    数量:
    • 焙煎発送日
    • 挽き方

    ショッピングインフォメーション
    商品内容
    ■2018 ブラジル カップ・オブ・エクセレンス 
    7位 フォルタレッサ農園 100g

    ■2018 ブラジル カップ・オブ・エクセレンス 
    23位 「カパオジーニョ農園」100g

    ■ブラジル ナショナルウィナー
    33位 「リモエイヨ農園」 100g



    お届けは合計300gとなります。

    こちらのセットは佐川急便でお届けします。
    賞味期限
    コーヒーは生鮮食品ですので出来るだけはやくお飲みください。 保存は密閉容器に入れて冷凍保存がベストです。 田代珈琲では3ヶ月を賞味期限として設定しております。(理想は1ヶ月)
    容量目安
    コーヒーを1回につき2杯~5杯淹れる場合のコーヒーの平均使用量は【10g】となりますので約30杯分となります。
    • 配送について
    • お支払いについて
    • 安心ネット通販

    上記商品と同じ日に焙煎する豆

        • NEW
        • おすすめ
      • 【エチオピアンカップ7位入賞】モカ 「テフェラケベベ農園」【100g】
      • 【エチオピアンカップ7位入賞】モカ 「テフェラケベベ農園」【100g】
      • 1,051円
      • (税込:1,156円)
      • 商品詳細を見る
        • NEW
        • おすすめ
      • インドネシア バクティ タナダタールヴィレッジ2017 【300g】
      • インドネシア バクティ タナダタールヴィレッジ2017 【300g】
      • 1,440円
      • (税込:1,584円)
      • 在庫がありません
        • NEW
        • おすすめ
      • 【2019】ホンジュラス ロス・オコティージョス農園【500g】
      • 【2019】ホンジュラス ロス・オコティージョス農園【500g】
      • 2,194円
      • (税込:2,413円)
      • 商品詳細を見る
    2月
    1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829

    ※赤字は休業日です